マインドガードDXのメリット

マインドガードDXは起立性調節障害に効果あり!【小中学生の親必見】

「朝になっても布団から出られない」
「起きてもしばらくボーっとしている」

あなたのお子さんは、このようなことはありませんか?

「どうしてうちの子は、ダラダラしているのだろう」
「やる気がないのかな」
と思っている保護者は要注意です。

ただ怠けているだけなら良いですが、もしかしたら「起立性調節障害」の前兆かもしれません。

この記事では、マインドガードDX起立性調節障害について解説していきます。

起立性調節障害

マインドガードDXは起立性調節障害に効果あり!

マインドガードDXには睡眠の質を上げてくれる成分がたくさん入っています。睡眠の質を上げることで、朝の症状も緩和されることが期待できます。

成分や効果について、詳しく知りたい人は下の記事をご覧ください。

起立性調節障害とは

  • 立ち上がった時に血圧が低下する
  • 心拍数が上がる
  • 調節に時間がかかる

小学校高学年~中学生の子どもに多く見られます。

中には学校に行けず、行けたとしても無気力のような状態になってしまう人もいます。(小中学生なら珍しくありません。)

保護者としては、「通学中にもしフラフラして車にでも轢かれたら」なんて心配ですよね。

真面目な子は要注意

起立性調節障害は真面目な子がなりやすいと言われています。気を使ったり、ストレスをためやすい性格だと要注意です。

また、本人が「自分が頑張ればなんとかなる」と思い込み、親や教師の理解を得られないままになってしまうと最悪です。

保護者の方は、特に気にかけてあげましょうね。

不登校になる可能性が高い

起立性調節障害小児の3分の2が不登校で、不登校小児の約半数が起立性調節障害を合併していたというデータもあります。

僕も小学生の頃は起立性調節障害だったかもしれません。朝起きて30分くらいは何もせずにボケーとしていました。何とか学校には行けましたが、体に力が入らず、頭もクラクラしていました。

その他の対策

マインドガードDXも効果的ですが、その他の対策もしっかりしましょう。

ゆっくりと起き上がる

起立性調節障害の子どもは立ち上がるときの、調節が苦手です。うつむきながら最後に頭が起き上がるようにしましょう。

急に立ち上がると頭の血液が不足してしまい、立ち眩みなどの症状がでます。

食事、水分をきちんと摂る

起立性調節障害の子供は、血液量が少ないです。循環している血液量を増やすために、水分と塩分を摂りましょう。

どうしても食事がのどを通らない場合でも、水分と塩分は摂りましょう。

まとめ

マインドガードDXは薬ではないので、直接的に「起立性調節障害が治る」とは言えませんが、改善は期待できます。

また、その他の対策も並行して実施していくことで、さらなる改善が期待できます。

粒タイプ ドリンクタイプ