マインドガードDXの基礎知識

マインドガードDXの効果を実感できない人の5つの特徴

せっかくマインドガードDXを試してみたのに効果がなかったら嫌ですよね。

この記事では、マインドガードDX効果を軽減・無効化してしまう行動を紹介します!

起立性調節障害

マインドガードDXは間違った飲み方では効果がない

評判の良いマインドガードDXですが、正しい方法で利用しないときちんとした効果が期待できません。用法用量を守って正しく利用しましょう。

また、せっかくマインドガードDXの飲んでも睡眠を妨げることがある場合は効果が期待できません。

これらのマイナス要素をなくすことでマインドガードDXの効果を実感できるかと思います。

即効性はない

マインドガードDXは睡眠薬のような薬ではありません。

そのため、飲んだその日にいきなり眠れるということはないのです。

「時差ボケで今日眠りたいんだ」という人には向いていません。日々の睡眠の質を緩やかに上げたい人に向いています。

寝る前にスマホやパソコンを使っている

スマホやパソコン画面から出ているブルーライトは、太陽光に含まれています。そのため、ブルーライトを浴びると夜であっても「朝なんだな」と体が勘違いしてしまいます。

就寝前のスマホの使用をやめるだけでも、睡眠の質が上がりますよ。

画面から目をはなすことやブルーライトカット液晶保護フィルム、ブルーライトカット眼鏡などの対策も重要です。

カフェインを摂っている

コーヒーや栄養ドリンク、エナジードリンクに含まれるカフェインは覚醒度が高まり入眠を妨げたり、睡眠の質を下げてしまいます。

就寝前3~4時間以内のカフェインの摂取は控えましょう。

日中に昼寝をしすぎている

30分以内の適度な昼寝は心筋梗塞や認知症の発症リスクが低くなると言われています。

しかし、あまりに長い昼寝は逆効果です。夜に寝れなくなるだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞などの死亡率の高い病気の発リスクが上がります。

眠いからといって、長時間の昼寝はしないようにしましょう。

室内の明るさや騒音、湿度・温度

昼夜逆転の生活をしている人は昼間に睡眠を取ることになります。その際に太陽の光でまぶしかったりすると眠れなくなります。アイマスクをするなど対策をしましょう。

騒音にについては、家族の協力や耳栓の使用、防音の利く部屋を寝室にするなどの対策が必要です。

室温は26度前後、湿度は50~60%が理想です。

状況に応じて除湿機、加湿器、エアコン、扇風機などを活用し、できるだけ良い環境を作りましょう。

まとめ

  • ある程度の期間(1~3週間)、継続して利用する
  • 用法用量を守る
  • 就寝前のカフェインを控える
  • 昼寝は30分以内にする
  • 薬のような即効性・強い効果を期待しない
  • 眠れなくなる原因を解消する

マインドガードDXの効果を実感できない人の特徴を紹介させていただきました。

眠れないというのはとてもつらいですよね。

このつらい状況と打開するためにも、マインドガードDXの効果を最大限にできるように生活に気をつけましょうね。

≫ドリンクタイプを最安値で購入する!

≫粒タイプを最安値で購入する!