マインドガードDXの基礎知識

【ドリンクor粒】マインドガードDXのタイプを比較【4つの観点】

マインドガードDXにはドリンクタイプと粒タイプの2種類があります。

効果はどちらも同じですが、どっちの方が良いのでしょうか?

この記事では、マインドガードDXの「ドリンクタイプ」と「粒タイプ(錠剤)」のそれぞれのメリット・デメリットについて紹介します!

起立性調節障害

ドリンクタイプ・粒タイプ(錠剤)の違い

4つの観点からドリンクタイプと粒タイプを比較していきます。

コストパフォーマンス

続けていくとなると、どれだけお金がかかるかは知っておきたいポイントですね。

1日あたりの価格はドリンクタイプが206円でそこまで高くはありません。

粒タイプはドリンクタイプよりも安く、1日あたり122円です。

飲みやすさ

粒タイプの方が水でサッと飲めるので、飲みやすさは上ですね。

ドリンクタイプは水やジュースに混ぜる手間のあるので、スピード重視の人は面倒に感じるかも知れません。

効果が出るまでの所要時間

粒タイプは固体のため少し吸収に時間がかかります。

効果が出るのはドリンクタイプの方が早いです。(液体のためすぐに吸収されます。)
時間があまりない人は、寝る前に吸収性の高いドリンクタイプを飲めば良いですね。

持ち運びのしやすさ

ドリンクタイプはビンに入っているため、持ち運びには適していないでしょう。

旅行や出張などの外出が多い人は、水でさっと飲める粒タイプ(錠剤)がおすすめです。持ち運びのしやすさは粒タイプに軍配があがります。

まとめ

タイプ ドリンクタイプ 粒タイプ
コストパフォーマンス
飲みやすさ
効果が出るまでの所要時間
持ち運びのしやすさ

ドリンクタイプ・粒タイプはそれぞれ、長所・短所がありますね。

元々はドリンクタイプしかありませんでしたが、ユーザーからの要望で持ち運びのしやすい粒タイプが開発されました。

後から開発された分、粒タイプの方がメリットが多いですね。

[say name=”アザラシくん” img=”https://biglobe-mobile.jp/wp-content/uploads/2019/10/ゴマフアザラシの赤ちゃん.png” from=”right”]効果はどちらも同じだから自分に合った方を選ぼう![/say]

ドリンクタイプがおすすめな人
  • 時間があまりない人
  • おいしく飲みたい人
  • 錠剤が苦手な人
粒タイプ(錠剤)がおすすめな人
  • コスパ重視の人
  • 外出先で飲みたい人
  • 飲むのに時間をかけたくない人

僕はどちらも試してみましたが、「さっと飲める」「1日あたりの金額も安い」というメリットがあるので粒タイプの方がオススメです!

粒タイプ ドリンクタイプ

起立性調節障害