マインドガードDXの基礎知識

マインドガードDXは自律神経失調症に効果があるの?

たくさんのお客様から支持されて、ロングセラー商品となってるマインドガードDX。眠れない、疲れがとれないなどの悩みを改善してくれる効果を期待できます。

自律神経失調症にも効果があるのでしょうか?

この記事では、マインドガードDX自律神経失調症に効果があるかどうかを解説していきます!

起立性調節障害

自律神経とは

自律神経失調症とは、内臓の働きを調整する「自律神経」が調子を崩してしまっている状態です。

自律神経の中には「交感神経(起きているときに働く)」と「副交感神経(寝ているときに働く)」という2種類があります。

2つの神経が適切に働くことで、体は普段通りに動いてくれます。

交感神経の働き
  • 心臓の鼓動を高める
  • 呼吸を早める、瞳孔を開く
  • 呼吸を早める、瞳孔を開く
  • 脂肪を分解してエネルギーを生み出す
副交感神経の働き
  • 胃腸の動きが促進され、消化や排せつをスムーズにする
  • 脂肪を蓄積する
  • 筋肉の緊張をゆるめる
  • 脈や呼吸をおだやかにする
  • 血管を広げてリラックス状態に導く

自律神経失調症の症状

動悸、発汗、めまい、ほてり、頭痛、胃痛、腹痛、下痢、吐き気、ふるえ、筋肉痛、喉のつまり感、息切れ、食欲不振、全身倦怠感、

自律神経が乱れるとこのような症状が出てしまいます。

自律神経失調症の原因と種類

自律神経失調症には4つの種類があります。

①本態性自律神経失調症 体質による。(生まれつき自律神経が乱れやすい) 低血圧、虚弱体質、体力に自信がない人に多い。
②神経症型自律神経失調症 心理的な問題による。 自分の体の不調に敏感な人、くよくよしがちな神経過敏の人に多い。
③心身症型自律神経失調症 日常生活のストレス反応による。 最も多くみられ、約半数がこのタイプ。現れる症状・重さは様々。
④抑うつ型自律神経失調症 慢性的なストレスの蓄積による。 几帳面で完璧主義の人に多い。まず、抗うつ気分を治療する。

マインドガードDXは自律神経失調症に効果があるの?

マインドガードDXに含まれる成分の中で、どの成分が自律神経失調症に効果を発揮するのでしょうか。

4つの種類の内、「③心身症型自律神経失調症」の場合は、マインドガードDXによる改善効果が期待できます。

眠れない・疲れがとれないなどの悩みを抱えているが故に、自律神経失調症になってしまった人は、日々の睡眠の質を上げることで改善できるでしょう。

その場合、マインドガードDXはもってこいです。

まとめ

マインドガードDXは薬ではないので、直接的に「自律神経失調症が治る」とは言えませんが、改善は期待できます。

また、その他の対策も並行して実施していくことで、さらなる改善が期待できます。

粒タイプ ドリンクタイプ

起立性調節障害